金権政治

金権政治ギリシャ語πλοῦτοςploutos、「富」とκράτοςKRATOS、「パワー」)またはplutarchyは素晴らしいの人々によって支配または制御されている社会である収入。英語でのこの用語の最初の既知の使用は1631年にさかのぼります。[1]民主主義自由主義社会主義共産主義またはアナキズム などのシステムとは異なり、金権政治は確立された政治哲学に根ざしていません。

金権政治という用語は、一般に、望ましくない状態を説明または警告するための蔑称として使用されます。[2] [3]歴史を通じて、ウィンストン・チャーチル、19世紀のフランスの社会学者歴史家の アレクシ・ド・トクヴィル、19世紀のスペインの君主 フアン・ドノソ・コルテス、そして今日のノーム・チョムスキーなどの政治思想家は、金権政治家を彼らの社会的責任を無視したとして非難してきました。自らの目的を果たし、それによって貧困を増大させ、階級紛争助長し貪欲で社会を腐敗させ、快楽主義[4] [5]

プルトクラシーの歴史的な例には、ローマ帝国古代ギリシャのいくつかの都市国家カルタゴの文明、ヴェネツィアイタリアの都市国家/商人共和国フィレンツェフランス革命前のフランス王国ジェノヴァ、そして世界以前が含まれます第二次大日本帝国ザイバツ)。ノーム・チョムスキージミー・カーターによると、現代の米国は民主主義の形態を持っていますが、金権政治に似ています。[6] [7]連邦準備制度理事会の元議長、ポール・ボルカーもまた、米国が金権政治に発展していると信じていた。[8]

一部の批評家によると、金権政治の現代的で正式な例の1つは、ロンドン市です[9][10]シティ(古代ロンドンのスクエアマイルとも呼ばれ、現代の金融地区に対応し、面積は約2.5 km 2)には、地方行政のための独自の選挙制度があります。、ロンドンの他の地域とは別に。有権者の3分の2以上は居住者ではなく、市の敷地内にある企業やその他の団体の代表者であり、従業員数に応じて投票が分配されます。この取り決めの主な理由は、シティオブロンドンコーポレーションが提供するサービスのほとんどがシティの企業によって使用されているということです。実際、約45万人の非居住者が市の日中の人口を構成しており、市の7,000人の居住者をはるかに上回っています。[11]

ファシストイタリア、ナチスドイツ、コミンテルンの政治用語とプロパガンダでは、西側の民主主義国家は金権政治と呼ばれ、少数の非常に裕福な個人が国を支配し、身代金を要求していたことを意味します。[12] [13]金権政治は、第二次世界大戦中の米国と英国の主要なファシスト用語として、民主主義と資本主義に取って代わった。[13] [14]ナチスにとって、この用語はしばしば「ユダヤ人」のコード語でした。"。[13]

現代の歴史家、政治家、経済学者の中には、南北戦争の終わりから大恐慌が始まるまでの金ぴか時代進歩主義時代の少なくとも一部で、米国は事実上金権政治的だったと主張する人もいます。[15] [16] [17] [18] [19] [20]セオドア・ルーズベルト大統領は、米国の反トラスト法を積極的に使用したことで「トラストバスター」として知られるようになり、それによって彼はそのような主要な組み合わせを解体することができた。最大の鉄道とスタンダード・オイル、最大の石油会社。[21]歴史家のデビッド・バートンによれば、「国内の政治的懸念に関しては、TRのベテノワールは金権政治でした」。[22]独占企業を大統領に任命したという自伝的記述の中で、ルーズベルトは次のように述べている。


パルド・イ・カンダモ