ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

日蓮正宗日蓮正宗、英語:「日蓮の正統派の学校は」)の支店である日蓮宗13世紀の教示に基づいて、日本仏教の 僧侶 日蓮彼を通じてその創始者として彼を主張し、(1222年から1282年)シニアの弟子日興上人(1246-1333)、の創設者頭部寺院大石寺に近い、富士山。宗派の信徒は法華講会員と呼ばれています。カリフォルニア州ロサンゼルスにあるエニチザン明王寺は、米国内の寺院の本部として機能しています。

この宗派は、釈迦牟尼仏によって教えられたさまざまな形態の仏教を、三時の仏教にとって不完全で、期限切れで、異端であるとして拒絶することで知られています。代わりに、この宗派は、日蓮の教えと「南無妙法蓮華経」の詠唱と、法華経の朗読に基づいています。[1] [2]

その信者が崇拝する対象は本門戒壇大御本尊であり、その宗教的シンボルは丸い鶴鳥です。そのリーダーシップと支持者の両方が彼らの練習は唯一「であると主張真の仏教では」宇宙と「として、日蓮に敬称を帰聖なるオリジナル『真』仏」(御本仏、ゴーHonbutsu)と大-上人(大聖人、「偉大な聖なる教師」)彼のミニストリーと遺産の両方の唯一の正当な後継者は日興聖人であると主張しながら2005年12月15日にその地位に昇進した現在の第68代大僧侶、早瀬明、e Ajari Nichinyo Shoninが率いる、単独で、そして宗派の歴代の大祭司。[引用が必要]

概要

日蓮正宗の公式ロゴとして使用されている丸鶴。

日蓮正宗は大乗仏教の宗派です。元々の名前は、大石寺の支部である富士地域の日蓮学校(修)であり、統一されていなかったものの、当時の宗派の一般的な名前を示し、その後、さまざまな地域の伝統に分けられました。明治維新後、1912年に「日蓮正宗」と名付けられました。本堂の大石寺は、日本の富士山の低い斜面にあります。

大石寺はに聖歌に来て、世界中から日蓮正宗の信徒によって定期的に訪れて戴Gohonzon彼らは木の形との両方で日蓮の精神具現化し、物理的に主張し、墨。

他の大乗仏教の慣行とは異なり、日蓮は擁護法華経を唯一の有効な仏教の練習としてと唱えながら、ナム・myoho-蓮華京を誰でも入手するための唯一の方法として、仏を関係なく、自分の生活の中での位置、状況の状態、性別、職業の役割だけでなく、必ずしも別の将来の生命の存在に生まれ変わるのを待っているわけではありません。[3]

700の地元の寺院やで追加の寺院のような施設(繁殖センター)の上に日蓮正宗の主張ジャパン。[要出典]また、24の海外公式指定寺院[要出典]と80万人以上の登録メンバーを主張しています。[要出典]

日蓮正宗は直接系統(主張Yuijoいちねん血脈相承崇城からの連続した大祭司の)日興上人彼らはもともとの彼の仏教の練習の伝播に運ぶために日蓮によって選ばれたと信じて、末法、他の法華宗その主張を日蓮宗のように宗派も主張しているが、他の人々に拒絶されている。[4]日蓮正宗は、この血統は次の日蓮文書(既存のコピー、時間内に失われた元の文書)を通じて彼らに与えられていると主張しています:[要出典]

  1. 「日蓮一護が生涯にわたって広めた法」(日蓮一期弘法連書、日蓮護国宝・風総・国章
  2. 「池上の継承文献」(池上相承書、池上崇城翔
  3. 日蓮正宗の「106条(ポイント)」(百六箇抄、HYA区-六花-翔

現在の宗派のリーダーは、第68代大僧侶、日如商人(1935–)です。要出典日蓮正宗の僧侶は、日蓮が信じていたように、白と灰色の服装と白いサープリスだけを身に着けていることで、他のほとんどの学校の僧侶とは一線を画しています。[要出典]

1872年以来の明治天皇の皇帝「太政官」政令第133号により、日蓮正宗の僧侶は、他の日本の仏教宗派や、職人や芸者などの他の元伝統主義者の「独身」のライフスタイルと同様に結婚を許可されています。 。

したがって、宗派は、個人的な習慣や悪徳、離婚、中絶、肉、乳製品、アルコールに対する野菜の消費を含む食事の選択に至るまで、性別や結婚関係、貧困や裕福なライフスタイルに仏教の道徳の規制を課していません 。等。

宗派はまた、非信者や他の宗教に属する人々からのカルマの不純物の主張を引用して、地元の支部寺院に登録または提携していない非会員からの金銭的および物質的な寄付を激しく拒否します。したがって、極度の貧困や悲惨なホームレスというまれな状況を除いて、法華講の信者が新会員として登録するための募集料を支払うことは固く禁じられています。

宗派は、登録された信者への寄付の3つの形式を分類します。

  1. 南無妙法蓮華経と折伏を唱えることで、その宗教的慣習を非信者に積極的に分かち合う。
  2. 地元の寺院とその僧侶を維持するための食糧と寄付金の提供。
  3. 寺院に無料の労働サービス(清掃、ボランティア活動)を提供することによって仏教の功徳(日本語:廻向、エコ)を獲得するという古代アジアの慣習。

法華講の信徒組織である「法華講・連吾会」は、東京都豊島区の大法華講堂に本部を置いています。

崇拝されている仏典のリスト

2007年の丑寅悟空後の仏教講演での現在の宗派の大僧侶、日如聖人。

以下の記事は、宗派内で非常に尊敬されています。

  • 法華三部経の全ての三つの形式では、(法華三部経、「法華-山武京」)
  • 日興上人(2位)、日興上人(9位)、日興上人(26位)の生き残った手紙
  • 「御所」と呼ばれる日蓮大聖人の生き残った手紙:
    • 伝播真の仏教することにより、この土地の平和を確保- (立正安国論、立正大学暗黒ロン) - (1258)
    • 盲目から目を開ける—(開眼抄、海文字書)—(1272)
    • 崇拝の真のオブジェクト- (観心本尊抄、Kanjin-NO Honzon翔) - (1273)
    • 適切な時期の選択—(撰時抄、千二書)—(1275)
    • 感謝の借金を返済する—(報恩抄、法恩書)—(1276)
    • 法華経の称号を唱える—(唱法華題目抄、法華題目抄)—(1260)
    • 法華経のエッセンスをとる—(法華経要抄、法華経要抄)—(1274)
    • 実践の信仰+ 5段階の4つの段階- (四信五品、Shishin Gohon) - (1277)
    • 下山さんへの手紙—(下山御消息、下山御所)—(1277)
    • 崇拝の真のオブジェクト上の質問と回答- (本尊問答抄、Honzonモンド翔) - (1278)

程度は低いですが、以下の記事は二次的またはマイナーな仏典として崇拝されています。

    • Mohe Zhiguan(摩訶止観、「大いなる集中と心の熟考」の10巻
    • マカ—止観ブギョーデンぐけつ(摩訶止観輔行伝弘湺、「止観の解説」)
    • 法華経の10巻(滕華玄義、「法華経のエッセンシャル」)
    • ほっけげんぎしゃくせん(滕華玄義釈命「ほっけげんぎ解説」)
    • 法華経の10巻(滕華文句、「法華経の言葉と言い回し」)
    • 三経義疏(三経義疏、「法華経の解説」)。

法華講

法華経は、法華講派によって尊敬教示のコアの基礎です。日本の江戸時代からの第2章(巧みな方法)の仏教の経典。

信徒は法華講グループと呼ばれる公式の会衆に属しており、日蓮正宗の教義を研究し、日本の本堂への東山巡礼を計画するために仲間の連帯を奨励することを目的としています。ほとんどの人は、近くに寺院がない場合、地元の寺院や個人の家で礼拝に出席します。[要出典]通常、司祭が奉仕を行いますが、司祭がいない場合は一般の指導者が記入することもあります。要出典 信者が集まると、日蓮正宗の教え、特に日蓮のさまざまな書物「御所」をよく勉強します。地元のグループや地区のリーダーはと呼ばれています壮大なスケールで広く支持され位置が一度呼ばれていた間、SO-琴、今期限切れ、もはや使用。現在大・江東区法華講連合会の指導者は、氏星野倖一郎です。[要出典]

日蓮正宗の公式シンボルは、クレーン鳥(ある丸みを帯びた形状で)(鶴-NO-丸)。もう一つのシンボルは、8つの車輪である八正道と呼ばれるRimboトレジャーリング)だけでなく、日蓮の唯一の正当な後継者であることを学校で考えられている日興上人のための亀の紋章。三人の友冬の組み合わせの家紋も表す寺院の祭壇、中に存在している日目上人を。[要出典]

宗教の教義

仏教の宇宙論の解釈

仏教JUZUの白コードとボールとの祈りのビーズは、色のみと形式は、日蓮正宗の実施の範囲内で許可しました。

日蓮正宗の教義は、拡張天台の以下に仏教の経典の分類を:

  1. 時間の5つの期間+ 8つのカテゴリー(五時八教、ゴジ-hakkyō
  2. 単一の人生の瞬間の中で3,000の相互貫入領域の理論(一念三千、一念三千)
  3. その世界観三つの真実(三諦、サン・タイ)。

「仏教の誹謗中傷」の教義

宗派は、創始者日蓮によって教えられたダルマに対する「中傷」(謗法、ホーボー)と呼ばれるあらゆるシンクレティズムを参照して、あらゆる形態の宗教間宗教慣行を悪と異端の両方として激しく拒否します。[5]それはさらに、宗派外の他の宗教を直接支援することは否定的なカルマを獲得し、重大な罰、災害および苦痛をもたらすと主張している。

釈迦牟尼仏の期限切れの教え

宗派は、釈迦牟尼の無数の仏教は今や現代の仏教を獲得するための救いの力を失ったと主張している。また、日蓮が充実したことを学校の主張終末論によって作られた予言 釈迦牟尼仏に関する法華経の第21章で末法状態:[要出典]

「…現象の闇を払拭する太陽と月の光線のように、この人は世界で練習し、すべての人類の闇を払拭し、計り知れない数の菩薩を導き、最終的に「1台の乗り物」を達成します。」—第21章:如来仏の神秘的な力。[要出典]

3つの仏教の宝石の解釈

  1. 日蓮正宗は、日蓮が第三仏教時代に対応する現代の「真のオリジナル仏」であり、 永遠に続くことを教えています。
  2. ダーマ-ダーマはで結晶化日蓮の最終的な教示を参照し、「ミスティック法」と宗派によって参照されるナムMyōhō蓮華京。宗派はさらに、この神秘法は「内証」と呼ばれる日蓮自身の内なる悟りであり、宇宙の無限の神秘的な時代を超越した地点からの「元の真佛宗」であると教えています(久遠元初、「クオン元初」 」)。さらに、この宗派は、この神聖な悟りが本門戒壇の木製曼荼羅の中に物理的に具現化されており、将来の世代の子孫のために残されたと教えています。ダルマの同じ定義は、宗派によって信者に貸与される「大曼荼羅」と呼ばれるその認可された転写されたコピーに与えられています。
  3. サンガ—サンガとは、日蓮正宗の教義と教義を教え、保護し、保存するのに役立つ日蓮正宗の僧侶の集団を指します。

したがって、宗派は、仏教の三宝は、日蓮の内部の悟りを等しく共有する単一の不可分の実体であると教えています。より具体的には、宗派は仏陀とダルマが僧侶の神権(平成神門)によって実行され、支持されていることを教えています。

「三大秘法」

日蓮正宗の教義によれば、日蓮は次の3つの精神修養を確立しました。[要出典]

  1. 教訓—毎日の仏教の修行の仏教の誓い(「十戒」)を支持する
  2. 瞑想—「南無妙法蓮華経」(「正代」)を唱えて心を浄化する
  3. 知恵—本堂(「カイダン」)の事務所を通じて宗教の教えを支持する

日蓮正宗は、日蓮が上記の3つに一致する三大秘法を明らかにしたと教えています。[要出典]

  1. 門戒壇大御本尊—崇拝の最高の対象として、教訓の誓いを調達します。
  2. Daimokuの-ナムMyoho蓮華京最高裁呼び出しなど、その瞑想の練習を調達。
  3. 大-SekijiなしHonmon怪談タイ-sekiji) -エッセンシャル教育のハイサンクチュアリのプラットフォームとして、知恵のその権威事務所に調達。

セレモニー

上の果実の提供仏壇の祭壇。

日蓮正宗では、称賛された人物の追悼式、重大な行事の記念や祝賀式、仏教への改宗、結婚、葬式などの個人向けのライフサイクル式が行われています。[要出典]寺に入る訪問者は受け入れることにより、会員になる考えるかもしれGojukaiの素人の信者が彼らの存在有無や将来的存在であれば戴Gohonzonを守り、尊敬する日蓮正宗と誓いの戒律を受け入れる式典生まれ変わっもう一度を。要出典日蓮正宗は、法華経第21章からこの伝統を主張している。釈迦牟尼仏は、トレジャータワーの七つの宝石の長所とともに、ヴィシスタカリトラ菩薩と彼の「無限の信者」に誓いを伝えます。[要出典]

活動していない元会員は、関海または再確認の誓いを受け取ることができます。

  • 新会員のための五十会式
  • 曼荼羅、数珠、仏教墓石の目を奉献し、開くための海元集
  • 元会員のための関海岸式典
  • 大曼荼羅の承認(司祭の裁量による)
  • 家宝大曼荼羅の所有権を修行中の子孫に譲渡するためのカントク
  • 死んだ親戚や友人のための鳥羽(仏舎利塔)の記念碑
  • 以下のための碑文Kakocho自宅の祭壇のための追悼/祖先の書籍
  • 本門戒壇の大御 本尊の祈りと維持のための寄付、北堂での五海日式
する2人の日本の職人JUZU日蓮正宗の学校で使用される仏教の祈りのビーズを。白い紐の普通の五本鎖、僧侶のための房状のバージョン。エルストナーヒルトンのコレクションから、1914年9月1日付け。

日蓮正宗への寄付は私的なものとして高く評価されているため、寄付の目的を示すチェックリストが付いた悟空」というラベルの付いた小さな白い封筒に常に含まれています。また、非会員からの寄付も軽視され、厳しく禁じられています。[要出典]

神権によって信徒に与えられた日蓮正宗の大曼荼羅と他のすべてのタイプとの違いは、日蓮正宗によって特別に認可され発行されたのはそれらだけであるということです。[要出典]申請時に一般信者にふさわしいと判断された場合、次の要出典が発行されます。[要出典]

  • 城州タイプ—大寺院や建物、または災害時に大御本尊や本門寺を守ってきた子孫のために予約された、特別な碑文が刻まれた木製の台や大紙の巻物。
  • 通常サイズの岡田またはウッドブロック—一般的に練習メンバーに発行されます
  • 壮大な岡田木徳別—住職に応じて授与される非常に称賛に値する裁量
  • お守りまたはポケットサイズ—旅行中の開業医、または否定的なカルマによって引き起こされた重度の精神的または感情的な苦痛を抱えている開業医に発行されます。

その種類に関係なく、日蓮正宗が発行したすべての御本尊は、大石寺の法堂で行われた式典で、歴代の大祭司の一人によって奉献されました。要出典本門戒壇の大曼荼羅と同じ啓蒙的性質を大曼荼羅に授け、同じ力を与えると考えられています。死んだら、大曼荼羅は日蓮正宗に戻らなければなりません。大曼荼羅の無断転載、写真撮影は禁止されています。[要出典]

成仏の解釈

徳堂、または大石寺の牟田ビルでの卒業式。

宗派は、個人の悟りは自分の現在の生命体の存在の中で達成できると教えています(即身成仏、極心常津)。南無妙法蓮華経の繰り返しの詠唱は、彼らの実践の中心であり、主要なものです。したがって、宗派は、これらの言葉を崇拝の対象(Jp、Hon-zon)に唱えることによってのみ、人間(存在の最小レベル、動物、昆虫、または無知な存在を除く)が変化または根絶すると信じられていると主張します。ネガティブなカルマの蓄積は 、最終的には空気のような幸福と悟りの両方を達成します。利益、障害の克服、または個人的な願いを実現するこのプロセスでは、個人は他の人を悟りを開いた状態に導くことを選択します。[要出典]

フレーズナム・Myōhō-蓮華京はと宗派によって参照されるDaimoku尊敬テキスト、の:(「タイトル」題目)法華経。これは、次の要素(「神秘法の力」と呼ばれる)からなる広範な普及のために創設者日蓮によって明らかにされたように、それがナムと法華経の日本の称号である明法蓮華経で構成されているという彼らの信念に由来します。:

  1. 信者の修行(力:修行の力)
  2. 信仰(シンリキ:信仰の力)
  3. 仏陀の力を呼び起こす(仏—力
  4. その後の電源に結合されたダルマGohonzon(に固有ホー-リキ)。

物理的実践と宗教的信仰のこの4つの部分の組み合わせは、否定的な形のカルマを根絶し、肯定的な新しいカルマを引き付け、より幸せでより高い生活状態に超越すると主張されています。

その毎日の実践の現在のバージョンは、実行から構成ゴン・ぎょ、法華経のキュレーション列挙し、その尊敬語(初代)を唱えます。それは、法華経の第2章の散文セクションと、第16章の散文と小節の部分、および信者の立ち上がりと休息の両方のための5つの指定された祈り(通常は朝と夕方に分類されます)で構成されます。

この統治された慣習は、非信者(地獄-ケタ)と共有された場合、宗派によって、成仏の生活状態を獲得するための典型的な本質(「真の原因」と呼ばれる)と見なされます。

崇拝の対象

Fenghuangsの大石寺正面玄関上の戴Gohonzonの聖域。

戴Gohonzon(別名:エッセンシャルの教えの高いサンクチュアリの戴Gohonzonは)ある書道 曼荼羅が刻まれサンスクリット語と漢字の板の上に、日本camphorwood信者によって崇拝の唯一の目的とします。宗派は、日蓮が1279年10月12日にそれを刻んだと主張している(日本語:公案)。[要出典]

宗派は主張ninpō-一家または1つのエンティティとして、また「人と仏教のダルマのユニティ」戴Gohonzonがとして崇敬されて擬人日蓮自身のを。日蓮正宗のすべての寺院と家庭には、曼荼羅、または歴代の大僧侶によって描かれた曼荼羅の転写があります。[要出典]

戴Gohonzonはで安置されHoandoの拝殿[6]内の大石寺富士山の麓グランド本堂複雑な理由。変換後に寺の聖職は一定の公共の崇拝のための画像を公開します、日本の天皇と 広宣流布は、日本の勅令によって、世界の主要な宗教としての日蓮正宗の信仰を維持し、達成されます。[要出典]他とは違ってGohonzonsが頭寺に安置、それはで安置されていないシキミの枝や太鼓ドラム。[要出典]

日蓮正宗の歴代の大祭司によって作られた大曼荼羅の転写は、曼荼羅と呼ばれます囲碁、敬語を表す敬語)。[要出典]寺院のほとんどの本尊は、碑文が刻まれた木製の錠剤です。錠剤は黒漆でコーティングされ、金色の文字が施されています。[引用が必要] Gohonzonsは寺院で安置及び他の同様の施設は、個人の連続した高司祭のいずれかによって転写されます。[要出典]

法華講の信者は、地元の寺院の住職に個人的な大曼荼羅を受け取るように要求することができます。これらの御本尊は儀式的であり、伝統的な方法を使用して紙に印刷され、約7 " x15 "インチの小さな巻物として提示された奉献された複製です。地元の住職はすべての要求を本堂に送ります。これらの要求が認められると、ゴホンゾンは受取人の地元の僧侶に届けられ、彼はそれらを個々のメンバーに授けます。この儀式では、受け手は日蓮の教えを誠実に信じ、三大秘法の大曼荼羅を実践し、支持することを誓います。[要出典]

大祭司のリスト

審判第65回大祭司Nichijun上人Gongyoの中Jozai寺で1959年10月に祈りを池袋、豊島区、日本。
  • 日付は、各大祭司の死の日付を示します。

追放された信徒と司祭グループ

日蓮正宗と関係のあった以下のグループは、1974年(冨士大)、1980年(正信会)、1991年(創価学会)に追放された。

冨士大会(清正会、クリア・アンド・オーソドックス・グループ)、1974年

1974年、東京の品川区明光寺から明信光と呼ばれる信徒グループが、正宗の建物が真の恒久的な国の聖域であると主張して創価学会に公の抗議を行った後、日蓮正宗の細井日達大祭司によって追放されました。戴Gohonzonは、としても、宗教の変換を行わず、日蓮によって義務付け昭和天皇。要出典創価学会や元大僧侶の日津商人との対決に勇敢に立ち向かったことで知られ、野党の中で訴訟を起こした。

その後、社名を富士大石寺冨士大に変更。冨士大会は、日本で最も急速に成長している仏教の宗派の1つと言われています。[7]冨士大は、大石寺の第26代大僧侶である日刊聖人による1728年の本門戒壇の画像の拡大版と、大石寺の現代版を使用することがあります。これらの大曼荼羅の画像は、日蓮正宗が調達して使用したものとまったく同じ茶色の装飾用ボーダーを使用しています。現在まで、冨士大は本堂に所属する一般の仏教徒グループとして活動しています。

正信会(正信会、正教会)、1980年

1980年、日蓮正宗の僧侶と正信会(英語:正信会)と呼ばれる信徒の支持者のグループが、新僧院長の日蓮の正当性に疑問を呈し、創価学会の影響を批判したことで、第67代大僧侶日研聖人によって本堂から追放されました。寺院の事務。要出典当時、創価学会は日達の大祭司としての正当な後継者であるという日達の主張を支持した。正信会は、それ自体を真の日蓮正宗と呼び続けています。 Shōshinkaiは後に改革を求めている日蓮正宗の僧侶の反体制派協会を設立し、独自のバージョン写し始めたGohonzonを日蓮正宗の大僧侶の一人から転写されたコピーを取るのではなく。彼らの多くは老朽化または亡くなり、その後、大石寺本堂に所属する若い僧侶に代わって、死後日蓮正宗に復帰しました。これらの年長の僧侶の中には、台湾の場合のように、他の日蓮宗派に加わったり、自分たちで作ったりした人もいます。[8] [9]

創価学会(創価学会、バリュークリエーションソサエティグループ)、1991年

1959年3月1日に建てられ、1964年に拡張され、1995年9月に取り壊された創価学会のメンバーから寄贈された大薬殿の旧館(英語:グランドレセプションホール)。写真は1993年8月19日頃。

日蓮正宗は1991年11月28日に創価学会と創価学会インターナショナル(SGI)を破門した。[10] [11]

創価学会は、牧口常三郎によって設立された大石寺にある寺院の1つに所属する信徒組織として登場しました。牧口常三郎は、明次郎剣心中学校・高等学校の校長である三谷宗圭によって4日に日蓮正宗に改宗しました。 1928年6月。[引用が必要]組織は戸田城生第二大統領の下で成長し、第3創価学会会長、創価学会国際会長である池田大作との教義上の対立が生じるまで、日蓮正宗に基づいて教え続けた。

1956年には、創価学会の戸田城聖が明電寺の再建中に第65代大祭司日蓮正宗に宣言したことからも明らかなように、このような教義上の対立は窮地に立たされ、組織の指導者はもはや日蓮正宗の教義を支持しなくなったと主張した。 。[12]

1974年5月10日、創価学会副社長の北条浩は、プロテスタントとローマカトリック教徒の例を「違い」として、日蓮正宗との分裂を提案する池田大作に書面による報告書を提出した。要出典それに応えて、日達日達大祭司は、正本堂の建設に感謝するとともに、寺院の事務と簿記の慣行を監督する理事会委員会を設立するという提案を拒否した。さらに、Nittatsuは、分割の可能性を認め、特に配置すると脅迫戴Gohonzonを日蓮正宗の宝庫(御宝蔵、五法蔵)に 戻ると、選ばれた少数の信者だけがその像を崇拝することができます。要出典 1979年に池田大作三等書記長がソコトや信徒指導者として辞任したクライマックスは、安倍大司祭の正式な破門と相まっていた。[要出典]

これらの紛争やその他の紛争は、1991年に日蓮正宗が創価学会の指導者を破門し、日蓮正宗の信徒組織としての地位を剥奪した後、両者の完全かつ正式な分離をもたらしました。最終的に、池田大作はその役割から破門されました。ソコトまたは破門の正式な判決が原因寺所属の欠如に日本の法律の下で創価学会の非課税状態を無効にしながら、大祭司日建でリーダーを置きます。[要出典]

日蓮正宗の新寺院の建設に資金を提供する代わりに、寺院の神権がコミュニティセンターの建設に気づき始めたとき、さらなる紛争の原因が生じました。1997年9月30日、日蓮正宗はついに創価学会インターナショナルの全メンバーを破門しました。[13] [14]69

反対意見

大石寺の正本堂。1972年に建設され、1998年に取り壊されました。

日蓮正宗に対する様々な批判は、かつての信徒組織である創価学会からしばしば発表されています。その反対グループで草加スピリット質問や日蓮正宗の教義に反対するが、創価学会は大石寺の高僧の聖職者の権威と現代の年齢のための仏教を実施するのに関連するか、必要に応じて、日蓮正宗の聖職者の仲介役の両方を拒否していること。[15]

元開業医は、正統派の雰囲気の中で他の文化や外国の宗教的価値観への寛容を禁じる宗教的信心深さや宗教的儀式を非常に重視する日蓮正宗の正統的な信念をしばしば引用します。要出典その中で最も重要なのは、会員が他の宗教施設に立ち会うことの禁止、地元の寺院の支部または大石寺周辺以外での仏教の宗教品の購入です。[要出典]最も重要なのは、本門戒壇の大御本尊への献身的な東山巡礼による日蓮仏教の独占疑惑です。[16]寄付は任意ですが、鳥羽の記念碑、カコチョの先祖伝来の本、そして仏教の実践に関連する圧倒的な日本の保守的な習慣やマニエリスムに与えられます。[17]

さらに、第二次世界大戦中に、迫害からの免除を維持するための日本の天皇の愛国的な戦争努力を支援するために神札とお守りの 神道のお守りを受け入れたという主張は、寺院の神権と常三郎の両方が、他の宗教を拒否するというその教義の信念と矛盾したと思われます当時の彼の著作の牧口は、日本の天皇によって指示されたように、第二次世界大戦の努力を支持しました。第一客殿に祀られた太陽神天照大神に捧げられた最初のお守りは、日本帝国陸軍によって設置されました。[18]

この批判の最も顕著なのは、「リビングエッセンス」またはと呼ばれる仏の悟りを開いた実体の唯一の相続人として、日蓮正宗の高僧の後部立面図である法律の遺産のその教義上の事務所を参照して、大石寺ながら、創価学会は、明確な僧侶の血統がなく、信仰遺産の継承者であると主張しています。1970年代の会員の寄付により、創価学会が資金提供した建物が破壊されたことで、長年の否定的な感情が具体化しています。さらに、日蓮の書物である御所と呼ばれるものを、その解釈的意味を省略または操作して、階層的な感情は神権とその学校に対して批判されています。[要出典]

著者のダニエル・メトラウなどの外部の研究者は、認識された権威の問題を紛争の中心点と見なしています。

「神権は、それが宗教的権威と教義の保存の唯一の管理者であると主張し、草加学界の指導者は、神権ではなく日蓮の聖書の書物が究極の権威の源であり、日蓮の教えは、日蓮正宗の僧侶の助けなしに悟りを開くことができます。[19]

[20]

も参照してください

  • 日蓮宗

参考文献

  1. ^ 「彼(釈迦牟尼仏)はまた、彼の教えが限られた期間だけ次世代の信者を啓発する能力を保持し、人類の夜が更けるにつれてその効力を徐々に失うことを明らかにした。彼は彼の死後2000年までにそれを予告した。彼の教えは、病気がはるかに深刻になった患者のための時代遅れの処方箋のようなものであり、釈迦牟尼は、その時に、厳しい迫害を克服した後、元の悟りの真の原因を明らかにする別のより大きな仏が生まれると予測しました。この人(日連大聖人)は永遠の真仏の化身であり、すべての存在の生活に悟りの種をまきます。」 https://nstmyosenji.org/traditions/introduction-to-nichiren-shoshu-buddhism
  2. ^ https://www.udumbarafoundation.org/TrueBuddhism/nichirendaishonin.html
  3. ^ インターナショナル(SGI)、創価学会。「この生涯で成仏することについて|創価学会インターナショナル(SGI)」。www.sgi.org 2020529日取得
  4. ^ ブロムリー、デビッドG。; ハモンド、フィリップE。; 神学校)、新エキュメニカル研究協会(統一神学(1987)。新宗教運動の未来。マーサー大学出版局。ISBN 978-0-86554-238-9
  5. ^ https://static1.squarespace.com/static/5cf21a3bdd33250001f436dc/t/5f0ab7f9f82898308f87254d/1594537977291/What+is+slander.pdf
  6. ^ https://www.nichirenshoshu.or.jp/eng/taisekiji-buildings.html
  7. ^ ストーン、ジャクリーン(2012)。真のダルマを中傷「の罪『罪と罪人:アジアの宗教からの視点ブリル。NS。147. ISBN 978-9004229464
  8. ^ ShoshūHashakuGuide(Jp:諸宗破破ガイド:他の学校の[誤った教え]に反論するためのガイド)。大石寺、2003年(ISBNなし); pp。178–79。
  9. ^ http://sokaspirit.org/home/newsletter/the-myosetsu-ji-chief-priest-responds/
  10. ^ http://sokaspirit.org/nov-28-1991-sgi-day-of-spiritual-independence-2/
  11. ^ https://www.nst.org/sgi-faqs/the-history-of-the-relationship-between-nichiren-shoshu-and-the-soka-gakkai/4-events-leading-to-excommunication-of -創価学会/
  12. ^ http://sokaspirit.org/home/newsletter/former-los-angeles-priest-speaks-out/
  13. ^ http://sokaspirit.org/world-tribune/editorial-excommunicating-the-excommunicated/
  14. ^ マクラフリン、リーバイ(2012)。「オウムはすべてを変えましたか?オウム真理教事件の前、最中、そして後に創価学会が日本における新宗教の永続的な「他者性」について私たちに語ったこと」日本宗教学会誌39(1):51–75。2013年12月23日にオリジナルからアーカイブされまし
  15. ^ http://sokaspirit.org/wp-content/uploads/2013/12/4_journey_same_reason.pdf
  16. ^ http://sokaspirit.org/home/newsletter/our-kosen-rufu-movement/
  17. ^ クラーク、ピーターB。; サマーズ、ジェフリー(2013年10月18日)。西洋における日本の新宗教ISBN 9781134241385
  18. ^ http://www.nichiren.com/en/special_topic/special_topic02/st02_92.html
  19. ^ D. Metraux、「創価学会と日蓮正宗の神権の間の論争:保守的な聖職者に対する一般の革命」、日本宗教学ジャーナル。19巻(4)、p。326、1992年からのアーカイブ元
  20. ^ 読者、イアン(1995)。「WilsonとDobbelaereによる「ATimetoChant」のレビュー」。日本宗教学会誌22(1-2)、223

外部リンク

  • 日蓮正宗公式サイト